2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 むげんにある中で
こぶしをあげるくらい
とびきりのそなえが
家の中でじっとしてる
あっというまに夏を
少しかじって海に捨てて
6月のだいたいを
αとaのちがいに費やして
ふふふふふふふふ
ドラを鳴らす人は
こっそり手を振り居なくなって
転がった時計に
足があたるとあやまる人
のこしてくれた服は
黄色以外全部盗まれて
申し訳ない気持ち
写真すらのこらなくて
人型の紙が足の方から
水に浸っていく う・う・う
いままできいた言葉を
本にしてもうけてやろう
ずるい心でいたら
やっぱこれだなとおまえが言う
うまいものを知ってる
きめこまやかなおまえ
ハイとハイの間で
ちぢこまってる子供の
スカートのひだにはかぞえきれない
大人が居る
「手をあげなさ」まで言って
投げる ぽいと
金色までいったら折り返して
次は銀だ
いまはどうしても眠れない
忘れられてしまうと信じてる
ギリシャローマパルテノン
たてまえのまえでひざまづく
5km地点を抜けて
やがて国に布がもどる
う・う・う
あたりの終わり際
つまさきからあたまから
むねあたりをついばむ
くちばしだけ生々しく
見つめてしまうあいだに
大きくなりとんでいって
見送るときは
あれは風船あれは風船
言いきかせて
やたら縁が深い土地に
旅に出たらなんだか
突然にどうでもないよな
気がして
かばんかばんばかばん
ばかもかばも全部つめて
これが光り輝くか
のるかそるかかけてみよう
さいごまでみとどける
君の決意をしかと受けた
この部屋に二人きり
さいごまで見てておいて
さいごのさいごで目をはなして
ランチタイム過ぎるころに
やっとそこの角に気付く
曲がるところを探していた
うぬぼれっていいことないね
いいとこにはやしが生えて
聖なるとこにまっしぐら
血とからだを分けてもらって
ぐりぐりぐりぐり首のうしろ
それってほんとに手加減してる?
眠ったらさいごはしごの下に
おとされるよ思いの外
夢の中でどんぐりを食べる
夢をみたあとに
球体が燃えて
このひとときの恋


【長い歌】













スポンサーサイト


comment









trackback